タチコマ・アパシー

雑記。思ったことだけです

あの夜、僕らは17歳だった

色々思い出しながら、色々と記録に残せることはいいのかもなって。

昔の話。まあなんだか、人とのつながりって馬鹿にできないなって。

 

「あの頃、僕らは17歳だった。」

 

文字を残す場所っていうのは、たまには必要だと思う。

誰にも見られないような場所でこっそりと、一言だけ残す。

 

きっとこの感覚は昔から、何も変わっちゃいない。

けれど変わってしまったことのほうが大きくて、本質的には変わらないとしても、大人になるって、臆病だなって思う。

 

「変われるのかな」って気にしてたけれど

大丈夫、大して変わってない。でもきっと当時の君が見たら僕はとんでもなく違う人間だろう。

 

たまに自由に生きている人を見ると、本当に、いつまでもそれが続けられる人っていうのは

いろんな努力してるのかもしれないな。

 

変わることと変わらないことについて。