タチコマ・アパシー

雑記。思ったことだけです

妄想モーメント

今日は恐ろしい夢を見た。

それは寝坊する夢だった。

俺はその夢の中で、昨日エミュでやったように、ヨコとマリオカートをしていたのだった。
それは夢の中での夢だった。

そしてはっと、した瞬間。
時計は「2時48分」つまり昼を過ぎた完全な寝坊だったのだ。

色々なことが一瞬で駆け巡り、終わった・・・と思った瞬間

アラームがナイフで刺すように・・・じゃなかった、婆ちゃんの声で目が覚めた。

おきた瞬間、俺は夢と現実に挟まれ、時計を確認すると午前7時半、よかった・・・。と心で呟く。

そしてそうはしていれん、急いで準備をし出家(違)。





まぁそんな感じだいな。

もう、色々ありすぎていやになるくらい考えて あ、こうすればいいのかーと自己解決するまでに時間が
少々かかりすぎる俺は
明日からは精神的に追われつつ もう脳みそがぐちゃぐちゃになりそう。




それにしても今日はついてなかった。

後悔しまくりんぐ。

ああー朝の焦りがここに来て今大変な事態に陥ってる。

ちゃんとあーしてこうすれば、時間も減らせたのにな。











ううう、ショックだ。

計算ミスだ。

いささか完璧主義なところがあるから
そういうところ、良いのかもしれないけどだめだね。

ちょっと一日を思い通りに過ごせないのはストレスがたまる。

まぁ、今日の事は過ぎた事だから考えるのをもうやめている。

ただしこれからの予定どうなるかわからないのが不安。


急ぎたいのに急げないって本当に、いやだ。


まぁ人生そんなもんだよ。