タチコマ・アパシー

雑記。過去もすべて受け入れた。

#26

もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだよ もういいかい まだだ…

endroll

残酷 今 眠る 天国 君 還る 暗黒 僕 鬱る 先刻 君 眠る 此の街の紫と群青と灰色 足音は繰り返すのに 体温は還らない 言葉は途切れないのに 返事は返らない 二人だけの国を作ろうか きっと誰にも邪魔されない 二人だけの国を作ろうか きっと誰にも見つからな…

近視

眠るのはもうやめよ 逃げるのももういいや 君が金縛りで見た夢 試しに現実にしてみる 君がどれだけ苦しかろうが 僕は知らない 眠るのはもういいよ 逃げるのももうやめだ 君が環状線で死んだ 試しに現実を忘れる 君がどれだけ痛かろうが 僕は知らない し、知…

Vibe Vibe

綺麗な歌ね ただ味気がないわ そうね多分 普通すぎるの 綺麗な歌が好きって言ってたくせに 僕が作る音色には一つ一つケチがつく そうだね多分僕にはセンスがない わかっているけれど、君は音楽でしか話を聞いてくれないから 綺麗な声ね ただ深みがないわ そ…

mosaic

普通って何だい 教えて欲しいんだけれどキミは答えない あたかも自分自身が答えだと暗示しているようで ただ嫌いになる それで終わりかと言えば 逆に意識する回数はただただ増えて 自分自身で首締めているの ボクには沢山の痕があるよ 傷つけてる 傷ついてる…

YU・RE・TA

グレーの景色が揺れた 足元からぐるり 目の前でぐるり 素敵なノイズね あなたは言った 引きずるように 笑う オレンジ色 夕方 揺れた アスファルト 車窓 残像 花びらのよう まるで世界が地震しているよう 体の底からYU・RE・TA 幽霊が悪戯に足音を立てて やって…

フィルム

閉じ込めてしまいたいな 何もかも 逃げる場所も行く場所もないから 永遠なんてないのわかってて 僕達が作ったものは全部腐っていくから そういう生き物だから あのキラキラした世界を 平和なんて望めない未来を もう二度と知る事が出来ないように 閉じ込めて…

since 1991

短い妄想 繋げて 話は不完全で 君の体温を くだらない話を 忘れたくないよね 今このままの感情全て 二時間も経てばさっきのアレはどっかへ行く 飽きてしまうから 飽きる前に 捨てる前に 感情論だって君は言うけど 恋愛に論理性なんてないと思うんだ 君を好き…

ナイフ

君はいつから その被害妄想に囚われて 俺を殺す気でいるんだい 出来るならそのナイフで傷つけるのはその左手じゃあなく 俺の胸に刺してごらんよ さあ!さあ! 俺の元へいらっしゃい 精一杯の生温い 赤いものも白いものも 君の好きなだけ吐き出してやるよ 俺…

How are you?

形式美に酔ってる 美意識過剰な俺 何事も常に美しければ良いと思った でも気づいた、心が汚れてる 試しに手首を切ってみた 1703回目 今日も自殺症候群の稀に見る奇行

境界セン

中二の性的欲望 物欲と破壊衝動 歯止めの効かない感情で 嫌いなアイツを殴ってた 妄想 高二の性的衝動 因果と略奪横領 歯止めの効かない感情を 犯罪行為に手を染めた 妄想 キスにセックス タバコと酒 避けられない妄想 避けられない衝動 駅のホームに立って…

遠距離恋愛

君が遠くて 出会うまで1年かかった 君とは喧嘩ばっかりだったけど それでも笑いあえた 君の話はよく辛いことばっかりで センチメンタル過剰な俺を悩ませた 君が笑って 出会って1年目で、良かった 君はよく俺の愚痴を聞いてくれて それで良かった 君は俺をよ…

斜雨

君の妄想処分の話は聞き飽きたから たまにはゆっくりと違う話をしておくれ 何が嫌になったという不幸自慢を 16beatで話続ける君は 8beaterの僕には聞き取れないから 時折「sadist(ic)」という言葉を見つめてはとてもいい言葉だと思っている sad I stoic ほら…

Happy

笑う。一年前の記憶に俺、微笑を隠せない。 幸せだったんだ。 何もかも消えた午後7時の夢の跡に 飛び降り自殺のあのコ フラッシュバックしている あそこに居たのは誰だった? 泣いた。一年前の記憶に俺、微傷を付けられた。 痛みつづけた。 病みつづけた。 …

Your Song

ワンコードの閃きを 忘れないうちに書き連ねて 君の歌にしよう 一通りのエイトビート 僕は今時期流行歌を知らないから 簡単なポップメロディを 君の歌にしたいと思ったんだ 本当のところをいうと 君にもっと僕の歌を知って欲しいし 本当のところをいえば 僕…

Electric Petit

走る俺 焦燥の風景画みたい あの時の夕焼けが 何故か俺の為にあるように思えた 景色は今流れて 俺は黙って泣いてた 翳る俺 競争の毎日感情に溺れ あの時の夕焼けも 何故か俺から離れていくと感じて 景色が今崩れて 俺は狂って泣いてた 千切れる 電気は 壊れ…

何もかも端数処理の原理で お前のもとへ異常なまで 救われたいとせがんで 許し、怠惰、甘えを授かった 僕の思考は大分前から 腐っていったから 僕の思慮は大分前から 欠けていったのだ 愛してるよ 愛しtell me about 暇してるよ 暇しTEL me about

SENTIMENTAL HARAKIRIBOY

電話で予約の一日彼女 寂しくないわと笑ってる 玄関前での修羅場を見せて 殺して欲しいとせがんでる 伝言残した一日デート 連絡してねと笑ってる 掲示板での修羅場を起こし 殺してやると叫んでる センチメンタル気取ってる 少年、俺は何時も自殺寸前のハラキ…

あの男

朝は自分を殺してた夜は自分を生かす方法を探してるその違いまたあなたとお話がしたいです。 でも変わらない 考え方だけじゃ何も変わってない 俺の弱いところは前から同じ 受け止めること「いやだ。」 あの男の言葉を待っている。

Superstar

お前は何時も 狂ったフリを続けてる お前は常に 狂ったフリで見せている 知っている? そんな事を知っているの 俺だけ お前は何時も 狂ったフリで笑ってる お前は明日も 狂ったフリを続けてる わかってる? そんな事を続ける意味 無いって もったいないな テ…

微熱ボーイ

勘繰ると苦しくなる 勘繰ると辛くなる あの子がいったい 僕に対する感情 ひとつひとつ紡ぎだして 警告は嫌いの合図? 僕は… 僕は……ダメなの? あの子が最近気にする理由 単純に開けたからなのか あの子が発したあの単語 思い出してしまう 考えれば考えるほど…

レモンガール

強がりで寂しがり屋の 本当の自分を見せたくない時分 不器用な生き方だね 不知火に冒涜する 俺は一切の感情を切り捨ててく 不器用な人間 だけど 弱さを見せたくない君を見てると なんだか守ってあげたい気持ちがして… 不機嫌そうに笑ったけど だいたい君の傍…

口虚

極彩色街にいる 猫の目竜は知っている この街の裏側を知っている 喋れないけど知っている 色褪せる、裏返る、怨まれる あの竜は、もういない この冷凍色街は 色んな事が嘘だらけ この街の全てが嘘だらけ 喋らないけど知っている 色枯れる、謳われる、怨まれ…

SHIBUKAWA FREEZE

利根川沿いを練り歩く 俺は14の気違った歌を唄う 夕方は凍るイメージ 遮光、陰影を 冬の空模様、田舎ったこのリアリズム 一人、FREEZE 二人、FICTION 東京に消えた それはあの歌に似ていた 夕方 FREEZE You gotta FREEZE 夕景はFICTION 良く似た群像 白昼夢…

近親相姦

信じられない 本当なのかい? 真偽は知らない 噂をばらまく少年少女 信じられない あの子はだって 優しく微笑む 聡明完璧、透明少女 あの時君は 紅いキャンパス 栄えるひとつの水彩画 嘘だと言っておくれよ 何も言わない 何も知らない 何が本当 何が妄想 何…

当該・錯覚・パラフィリア

脳内がハチキレソウな妄想と嘘と苦痛で完備されております ここ最近twitterをはじめて ブログを終わりにしよーかなと考えてました。 なんでって、言いたいことは言えるし ブログに書くほどのこともない 悩むのは、404化するか放置かってとこよ消すのもめんど…

EGOISTIC LOVELETTER

君はまともじゃない 何が正しくて 何が善いかなんて 君が決めることじゃない 僕だってまともじゃない 何が正しくて 何が善いかなんて 僕にはわからない まずはじめに君の語る 理想論まみれの動物主義に 何を求めてるのかが 僕にはわからない それが平和か?…

DESTRUCTION APPLE

怠けて腐った 心ゾンビ状態 熱っぽい部屋で 俺は煙草ふかして 小さい液晶眺めて 焦燥、軋轢を生じてる 流離う俺の気持ち 加速 Gに身を任せる感覚 気が付いたら、俺、居場所なんてなかった 秋冬 それっぽい白雪風景眺めて 流離った俺の気持ち 加速 涙が溢れ出…

ALL APOLOGIES 2

君を傷つける原因が僕だとしても 僕は傷つけない人間にはなれない 傷つけるくらいなら誰とも関わらなければいいなんて答えは 多分間違ってるから 君に冷たくされたくはないから 寂しい思いなんかしたくもないから あの時の距離感を 僕は夢に見る 今年最後の…

SPLATTER GIRL

今日も君との冷戦が均衡状態 「さよなら」の一言が言えない マンネリの手繋ぎに ナイフを刺した 新しい夜に 君が瞼を閉じて 玩具のナイフを刺しすぎた スプラッタガール リリイの害虫を殺したら 見えないほうがよかったもののすべてが見えるようになった 今…